ShapesGirl


パーソナルトレーナーの選び方

 

パーソナルトレーナーパーソナルトレーニングは、どこでも同じではありません。パーソナルジム初心者だったり、初めてパーソナルトレーニングに挑戦したり、初めてパーソナルトレーナーと契約したりする際、とりあえず、値段や料金の安さだけで決めてしがちなのは、人間ですから仕方がありませんね。

 

どこのパーソナルジムのBefore-Afterの写真のボディメイク成果やダイエット成果は、似たりよったりで、選びようがないし、そもそも写真は加工できるしと、パーソナルトレーニング業界自体の信用が低くなっているのも、パーソナルトレーナー選びをより分かりづらくしている一因となっています。

 

どこも信用できないなら、一番安いパーソナルトレーニングでいいやという人間心理は当然だとも言えます。ただ、安かろう、悪かろうという言葉は、パーソナルトレーニングやパーソナルトレーナーにも当てはまります。逆に、高い料金だからといって、質が高いと言えばそうでもありません。

 

食べ物を選ぶ時、食品成分をチェックするように、パーソナルトレーナーを選ぶ際にも、 自分を大切にしたいものです。残念ですが、パーソナルトレーナー選びに失敗したという女性は実は多いのです。

 

パーソナルトレーナーの選び方

 

ダイエット成果、体型の変化など、目に見えた成果重視の女性は、パーソナルトレーナー選びには特に堅実です。

 

  • ●女性らしいボディラインのため?
  • ●恥ずかしくない体型に整えるため?
  • ●服が着れなくなったため?
  • ●ボディメイクコンテスト出場のため?
  • ●バキバキの腹筋を出すため?

など、人それぞれのお考えがあるでしょう。

 

成果主義とは対照的に、

 

  • ●成果や技術は期待していなく傍にいてくれるだけでよい。

 

という考えは、パーソナルトレーナー選びには不謹慎な考えだと考えられがちですが、これも人間らしさと言えば人間らしい部分でなので、全面的に否定されるものではないのかもしれません。

「男性パーソナルトレーナーと触れ合って寂しさを埋めたい」「男性パーソナルトレーナーつけているという見栄を張りたい」「パーソナルトレーニングを通じて異性と触れ合う機会があることで、気分的にも若々しくありたい」という女性の需要も一定数あることでしょう。

 

いや、厳密には、痩せる成果と同時に、男性とのふれあいも同時にという、複合的な心理状態もあることでしょう。

 

女性のあなたが、パーソナルトレーナー、パーソナルトレーニングを探す目的は何ですか?

 

パーソナルトレーナーやパーソナルジムと契約する前に、必ず最後までお読みください。

 

 

パーソナルトレーニングという言葉の意味する幅の変化

 

パーソナルトレーニングという言葉の意味する幅の変化

 

ここ10数年、急速なパーソナルトレーニングの普及と認知により、「パーソナルトレーナー」、「パーソナルトレーニング」という言葉の意味する幅が、かなり広がり、それが、パーソナルトレーニングを求める消費者とそれを提供するパーソナルトレーナー側とで、誤解招いていることもあります。パーソナルトレーナー、パーソナルトレーニングが完全認知された段階での現象とも言えます。

 

一昔前なら、ジムには、器具の使い方を教えるスタッフを、単に「トレーナー」「インストラクター」と呼んでいました。そして、それ以上の知識を持ち、個人個人の身体に的確に対応できる能力を備えた選ばれし者が「パーソナルトレーナー」と呼ばれていました。2024年現在、言葉の意味する幅の拡大現象により、以前の基準での、器具の使い方を教えるスタッフを「パーソナルトレーナー」と称しているジムもあります。最近の消費者なら、その区別や言葉の歴史を知らないので、「パーソナルトレーナー」という肩書きだけで、変に大きな期待をしてしまい、例えば、ジムに設置してあるトレーニング器具の動かし方を教えるだけの役目のパーソナルトレーナーも、身体のことはダイエットボディメイクから身体の不調改善まで全て解決してくれるものだと信じている現象が多数起きています。言葉は生き物ですので、年々その使われ方が変わることが悪とはいい言いません。器具を教えるだけの役目のパーソナルトレーナーという肩書きの人物は、そのジムでは、その重要な役目があります。ただ、個々の身体の特殊性にフォーカスした意味でのパーソナルトレーニングを求める場合には、そのパーソナルトレーナーという言葉の意味する守備範囲と限界に注意が必要となります。

 

2024年現在、下記4つのタイプのパーソナルトレーニングと称するサービス体系があることを認識しましょう。

 

  • ①ただ器具使い方教えるパーソナルトレーニング
  • ② ただ部位の種目だけ教えるパーソナルトレーニング
  • ③個々の身体の特徴からアレンジしたパーソナルトレーニング

 

確実な成果を求めるのなら、③の体系サービスであることを確認してください。

 

 

パーソナルトレーナーに求める目的は何?

 

パーソナルトレーナーのいるボディメイクジム

 

パーソナルトレーナー(Personal Trainer)とは、個人トレーナーのことを指します。集団指導でのトレーニングより、個人指導であるメリットがあると考えられています。個人指導だからといって、ボディメイク効果ダイエット効果が約束されているわけではありません。ボディメイク、リハビリ、スポーツパフォーマンス、コンディショニング、話相手、ホストクラブ代わりとして・・・・、どんな目的でパーソナルトレーニングをするのも一つの選択です。でも、少しでもパーソナルトレーニングに体型変化を求めるのなら特に、あなたがパーソナルトレーナーパーソナルトレーニングに求める目的をあなた自身が明確にしておくことが必要です。

 

 

パーソナルトレーナーの指導力

 

パーソナルトレーナーを選ぶ際に、そのパーソナルトレーナーの体験パーソナルトレーニングを受講することが多いと思います。実際にトレーニングをしてみて、運動が苦手な私でもできそうかとか、ジムに行ったことすらないから私でも大丈夫なのとか、トレーナーさんと話してみて相性が合わなさそうではないかとか、肌感覚で感じることは大切です。一方で、専門的な目線でもチェックできると、さらに良いでしょう。パーソナルトレーニングの内容が、本当に身体効果のある内容であるかについては、このページの下に記載してありますので、そちら参考にしていただき、もう一つ大事な面である、「パーソナルトレーナーの指導力」について、ここではお伝えしていきます。

 

「パーソナルトレーナーの指導力」

トレーニング内容が、科学的に正しく、どんなに良くても、それが相手に伝わらなければ、ないのと全く同じです。その伝える能力こそ、パーソナルトレーナーの指導力です。

 

パーソナルトレーナーの指導力の判断方法の一例

 

①パーソナルトレーニング受講者のトレーニング動作中の声がけが、「1、2、3、4、5、6、7・・」と単調なカウントを数えることばかりのパーソナルトレーナー。うまく動作ができない受講者に対して、カウントだけの指導では、伝わらないばかりか、受講者にとってはメトロロームのようなカウントを聞かされて、難しい動作を強制的にパーソナル指導さてているのは拷問に近いものになります。あなたが、パーソナルトレーナーに拷問を求めるのなら、それでよいでしょうが、楽しく効果的にを求めるのなら、メトロローム代わりのパーソナルトレーナー指導はやめておいた方が良いでしょう。

 

②声が大きい指導。最後の力を振り絞る1回に大きな声を出す指導は効果的ですが、指導中、ずっと大きな声では、単調な高音量の音楽をずっと聴いているようなもので、その間に大事な点を指摘しても、耳の右から左への突き抜けるだけで脳には残らず、結果的にはパーソナルトレーナーの指導をしたい点は受講者には伝わらなくなります。

 

そのパーソナルトレーナーの活動場所が、エニータイム、ゴールドジム、ルネッサンス、公共のジムなど、不特定多数の人々が出入りし自分一人でトレーニングすることが前提の一般ジム内でのパーソナルトレーニングでは、パーソナルトレーナーの大きい声は、他の利用者にも聞こえ、パーソナルトレーニングを受けいているあなたは大注目の的になってしまうことでしょう。それは不特定多数の人に見られた方が頑張れる女性には向いているでしょうが、一方では見せ物のように見られながらパーソナルトレーニングを受けることは、恥ずかしいと思う女性も多いことでしょう。

 

ここで注意していただきたいのが、長年パーソナルトレーナーの仕事をしているからといって、指導力があるとは限らないことです。

指導力も技術です。闇雲に長年パーソナルトレーニング指導したからといっても身に付くことはありません。

 

 

女性専用パーソナルトレーニングの本当の実態は?

 

personal trainer women

 

「女性専用パーソナルトレーニング」の表示は、一般女性やパーソナル業界の最新の実態を知らない人は、当然、「女性のパーソナルトレーナー × 女性の顧客のパーソナルジム」と想像しますが、実際には、パーソナルトレーナーの性別とパーソナルトレーニング指導の対象とする性別で、下記のパターンのパーソナルジムの業態が存在します。

 

  • 女性パーソナルトレーナー × 男性顧客専用
  • 男性パーソナルトレーナー × 女性顧客専用
  • 女性パーソナルトレーナー × 女性顧客専用

 

女性専用の表示があり、「女性向けパーソナル」「女性専用パーソナルジム」「女性の身体を知り尽くしたボディメイク 、、」とアピールした表現と共に、ジムの空間演出にも女性好みのピンクや爽やかな色などの内装や小物がある、ホームページやパンフレットを見て、そのパーソナルトレーニングジムへいったら、「男のパーソナルトレーナー × 女性のお客」の業態で驚いたという女性や、厳つい男性トレーナーが出てきて逃げて帰ってきたという女性すらいます。

 

女性専用と言えども、マンションや自宅タイプのプライベートジムで「男性パーソナルトレーナー × 女性顧客専用」であれば、狭い密室空間で、男性と二人きりになることを想像しておきましょう。疑似恋愛しながらパーソナルトレーニングしたり、値段が安いならどこでもいいだったり、一般女性がそのような男性パーソナルトレーナー選びをするのも一つの選択ですが、開放感があるジム空間かどうか、何かあれば外部から人が入れ助けが呼べるか、人通りが皆無ではないかなどは、最低限チェックする必要はあるでしょう。

 

写真はいくらでも加工できるので、インスタやSNS、サイトだけの判断で女性専用のパーソナルトレーニングジム選びは当てになりません。男性目線があるとちょっとと思う女性は、女性専用パーソナルトレーニングの本当の実態の把握には、特に注意が必要です。

 

 

パーソナルトレーナーのジムはどこか?

 

パーソナルトレーナーのジムはどこ


パーソナルトレーナーの活動ジムがどこか?パーソナルトレーナーがどこで活動しているかは重要です。一番の問題は器具の問題です。ジムだからといって、ジム器具がすべて揃っているとは限りません。女性専用パーソナルトレーニングとの肩書きで何もトレーニング器具がないということもあります。女性ボディメイク目的に意味のない道具ばかりの場合もあります。デジタルサイネージやモニターでエクササイズ動画を流してパーソナル対応としているスタジオもあります。出張パーソナルトレーニングの場合も持ってくる器具に限りがあります。女性のあなたの目的や体型のくせによっても、パーソナルトレーナーが使用しなければならないトレーニング器具は変わってきます。目的に合った必要なトレーニング器具がなければ、身体は変わらないということになってしまいます。痩せづらい体質の女性の場合はなおさらではないでしょうか?

 

たとえば、温泉やプールが売りのリラクゼーションを目的とした一般的なスポーツジム・フィットネスジムでは、ダンベルやバーベルといった器具が皆無の状態でただでさえ筋肉が付きづらく脂肪が多い女性がボディメイクするには、筋生理学的にも不十分という状態といえます。また、会員制の一般フィットネスジムのでのパーソナルトレーニングの場合は、そのジムでの混雑度も考慮する必要があります。そういったジムには一般会員さんがいるわけですから、一般会員さんがマシンなどの器具を使っていたら、その間はその器具は使えないわけです。ジムが混雑した時間帯では、器具が使えない可能性が非常に高くなります。目的向けて必要なトレーニング器具がなければ、身体は変わらないということになってしまいます。

 

さらには、パーソナルトレーナー活動場所がトレーナーの自宅や、マンションや雑居ビルの上階ではないか?という点の考慮も必要です。女性の場合は特に、パーソナルトレーニングの場所では色々問題も発生しています。インスタやサイトの写真から見て、パーソナルトレーニング専用ジムかなと思って行ったら、住宅マンションやアパートの一室だったり、入口の怪しいビルだったり、パーソナルジムに行く通路で人とすれ違ったり、狭い通路やエレベーターで一緒になったりということで不安に思う女性も多くなっているようです。マンションタイプのパーソナルジムを女性が選ぶ場合は、パーソナルトレーナーが男性か女性かを確認した方が良いでしょう。

 

あと、女性は、そのパーソナルジムのある階層が、エレベーターのない上層階に入っているパーソナルジムで、室内の通路の階段の場合、階段の環境もチェックすると良いでしょう。外階段なら、何かあれば誰か助けを呼ぶこともしやすいでしょうが、開放的でない室内階段ではそうはいきません。

 

 

ヨガ、ピラテスのパーソナルトレーニング

 

ヨガ、ピラテスのパーソナルトレーニング

 

目的に合ったパーソナルトレーナーに出会っても、そもそも、そのパーソナルトレーニングの内容が身体効果が全くない内容であることも多々あります。例えば、ヨガでのパーソナルトレーニングの例です。ボディメイク効果の科学的根拠情報の普及により、だいぶなくなってきましたが、女性の場合はまだまだ、「ヨガ=ボディメイクできて痩せられる」「ヨガのボディメイクトレーナーはスタイルがいいので、ヨガでパーソナルトレーニングなら絶対ボディメイクできる」と勘違いしているようです。また、ピラテスでのパーソナルトレーニングの例です。「ピラテスのパーソナルトレーニングなら、筋肉もよく使うし、ヨガより筋トレ効果合ってボディメイクできる」とも勘違いしているようです。残念ですが、ヨガもピラテスも、それを一対一のパーソナルトレーニングでおこなったとしても、ダイエットもボディメイクもできません。

 

ヨガもピラテスもボディメイクできない科学的理由はこちらです。

もしも、あなたが痩せるためやボディラインを綺麗にするために、ボディメイクヨガやピラテスを、必ずこちらの一読をおすすめします。

→ ボディメイクヨガの効果

→ ピラテスのボディメイク効果

 

パーソナルトレーニング、パーソナルトレーナー、同じ医師でも。歯科医師と皮膚科医師とでは全く別物、病院は病院でも、美容外科と内科は別ではないでしょうか?いくら東大出身の内科医でも虫歯治療は無理ではないでしょうか?虫歯の時に内科医を選びますか?パーソナルトレーナーの選び方も同じではないでしょうか?

 

 

スポーツの専門家=ボディメイクの専門家ではない

 

スポーツ専門家はボディメイク専門家ではない

 

トレーニングは、ボディメイク目的のトレーニングとスポーツ目的とでは、同じようなダンベルやバーベル器具を使ったりしますが、使い方は異なります。ボディメイクダイエット目的のトレーニングとスポーツ目的のトレーニングとは別ものであることを、パーソナルトレーナーを選ぶ女性側は特に認識することが必要です。スポーツの専門家=ボディメイクの専門家とは限りません。スポーツを学んできた=ダイエットさせられるトレーナーとは限りません。 さらには、ダイエットを学んできた=ダイエットさせられるダイエットトレーナーとは限りません。トレーニングを学んできた=ダイエットさせられるダイエットとは限りません。ただでさえ、身体的に痩せづらい女性は、痩せるためにスポーツ系パーソナルトレーニングをしている場合でしょうか?

 

 

動ける身体へのパーソナルトレーニング

 

動ける身体へボディメイクパーソナルトレーニング

 

女性のボディメイクが専門パーソナルトレーナーが、「動ける身体へ」をというキャッチフレーズでパーソナルトレーニングを見ることがあります。ボディメイク専門とうたっている以上、痩せたり、体型やボディラインの変化を期待してしまうのは、一般女性なら仕方がないことです。それで、実際はどうなのでしょう?

結論から言えば、人の体は、動きがよくなったからといって、消費カロリーが増え、脂肪燃焼が促されるわけではありません。

エネルギー、消費とは、移動距離に比例するからです。物理の基本法則からも明らかな事実です。

肩甲骨の動きがよくなろうが、歩いて腕が振りやすくなろうが、移動距離って変わりませんよね?

 

動ける身体になって、家にじっとしていた女性が外にいく回数が増えた。そして、その分、移動距離増えてカロリー消費増えたというということはありえます。しかし、それくらいでは、気休め程度です。しかも、そもそも、どんなにカロリーが消費できたとして、全体の消費カロリーの20%の部分でしかありません。

 

 

どんなに食べても太らない、痩せやすい身体の女性なら、この20%だけに注力すれば、多少の成果は望めるでしょうが、そういう身体の女性は、100人に1人いるかいないくらいではないでしょうか?あなたはそういう何食べても体型が崩れないモデルさんのような身体の方ですか?

 

前述のスポーツ目的にも関連しますが、パーソナルトレーナーは、痩せさせられないから、動きにこだわるとも言えませんか?

もしくは、結果の出る正しいボディメイクトレーニング方法知らない。トレーニングを知らないから、食事、食事と言って、カロリー制限や糖質制限といった身体に負担がかかり、身体がやつれるだけのボディメイクを推してくるという悪循環ですね。痩せさせるトレーニングプログラム作れないともいえませんか。

また、いくらボディメイク専門パーソナルトレーナーとうたって、ダイエット知識があるからといって、あなたの身体が変わるかは別物です。そもそも、ダイエット知識知っていることと、あなたを痩せさせられるかは別ではないでしょうか。

学生時代の体育の先生を思い出してください。体育の先生って動きがいいのに、お腹出てたりとか、下半身太いとか、理想的な体型ではなくないですか?あなたは、体育の先生みたいになるためにパーソナルトレーニングするのですか?

 

 

コンディショニングを強調するボディメイク専門パーソナルトレーナー

 

ボディメイクできるとか、痩せるとか、痩せる体質にへとか言い、コンディショニングの大切さ強調するパーソナルトレーナーがいます。前述の、動ける身体やスポーツ目的のパーソナルトレーニング同様、コンディショニングによって動きやすい体に導き、痩せる体を手に入れるという科学的理屈は成り立ちません。そのコンディショニングで痩せられるということを、科学的根拠のある風にする、もっともらしい説得文句として、整体師と一緒に開発したボディメイクメソッドだという文言も目にしますが、これらには、痩せる、ボディラインが変わる、要素は一切ありません。彼らが痩せるに結びつける場合、どういう科学的根拠があるのか?ズバリ、その整体師やコンディショニングパーソナルトレーナーに問いましょう。

 

  • ●コンディショニングによって動きやすい体に=ボディメイク
  • ●コンディショニングによって動きやすい体に=痩せる体質へ
  • ●動きやすい体に=ダイエット

 

このような表現には気をつけましょう。 根本的な科学的根拠に欠如するパーソナルトレーナーと言えます。パーソナルトレーニングに時間とお金を費やす意義が、話し相手としてだったり、運動した気になるだけのパーソナルトレーナーの選びであるのなら、科学的根拠に欠如するパーソナルトレーナーも悪くはないでしょう。あなたがパーソナルトレーニングをする目的は何ですか?学びですか?体型変化ですか?

 

 

知識自慢系パーソナルトレーナー

 

「こんな種目もありますよ。」「これ知っていますか?」「こういうのもあるんです」、、パーソナルトレーナーがこういうペースで進行するパーソナルトレーニングがあります。学ぶためのスクールだったらいいのかもしれませんが、あなたのパーソナルトレーニングする目的が、身体を変えるためだとしたら注意が必要です。この業界では、「知識自慢系パーソナルトレーナー」と呼ばれているタイプです。

 

これって、一見すると、一生懸命教えていて熱意あるパーソナルトレーナーであるように感じますが、実は、パーソナルトレーナー自身がすごいねと言われたいだけの心理とも言えませんか?体型を変えたい、あなたには、パーソナルトレーナー側の知識自慢を聞かされても、無駄ではありませんか?ダイエット知識の自慢話を聞くだけでは痩せません。ボディメイクトレーニング種類がこんなのもあるんだよと、ボディメイクトレーナーの知識自慢を聞いているだけは身体変化は起きませんよね?時間制のパーソナルトレーニングの場合、そんな自慢を聞いている時間にも料金は加算されているのです。

パーソナルトレーナーを保育園の先生に例えるなら、保育園の児童に、「先生は、こんなオモチャを持っているんだよ。」と自慢を語っているのと同じではないでしょうか?

 

もちろん、あなたが知らないトレーニング種目や知識を教えてもらえることは有意義なことです。しかし、いくら知識が増えたとしても、実際に、身体が変わる、結果がでるトレーニングは、別物です。あなたの今受けているパーソナルトレーニングは、トレーナー側の知識自慢になっていませんか?もしも、あなたがただ何となくパーソナルトレーニングをしているのなら、パーソナルトレーナーの選び方を考えてもいい時期にきているのかもしれません。

 

 

ストレッチや柔軟性にこだわるパーソナルトレーナー

 

ストレッチや柔軟性にこだわるパーソナルトレーナー

 

スタイルの良い女性が開脚していたり、モデルさんのストレッチポーズをとっていたりするインスタグラム画像や動画をみることも多いと思います。知らず知らず目に入ってくるので、脳が、ストレッチや柔軟性、関節の可動域の大きさは、引き締まりスタイルよくなりボディメイクできるとさえ思ってしまうことでしょう。しかも、それを、ボディメイクトレーナーとか、ボディメイク専門パーソナルトレーナーのパーソナルトレーニングの宣伝文句に出ているので、余計タチが悪いものです。

 

結論から言えば、開脚ができても痩せませんし、柔軟性が脂肪燃焼にも、体型をよくするボディメイク効果にも、脂肪が燃える量が増えるとも、全く関係ありません。ペアストレッチでパーソナルトレーナーがやってくれても、トレーニングの質が上がり脂肪がもっと燃える身体になるわけではありません。ストレッチして関節の可動域が広がればトレーニング効果が高まり、引き締まりボディメイク効果が高まるわけではありません。筋生理学的にも、筋肉は抗重力で反応するわけで、むしろ、可動域が増えることにより抗重力効果の減少の原因にもなり、ストレッチでの可動域幅増やすことがトレーニング効果に繋がるとは言えません。そのペアストレッチをするパーソナルトレーナー自身の体型を見てみて、少しでも疑問を感じるようであれば、その直感は当たっていることでしょう。

 

この図の中に、柔軟性はありますか?柔軟性がカロリー消費に入っていますか?生理学的に見て当てはまりませんよね?

 

ダイエット基礎代謝 女性専用パーソナルトレーニングジム ボディメイク&ダイエットの女性パーソナルトレーナー シェイプスガール ShapesGirl

 

では、どうして、女性のボディメイクにいいからと、パーソナルトレーナーはストレッチや柔軟性をすすめてくるのでしょうか。

 

そのボディメイク専門パーソナルトレーナーのその心理は、

  • 1、柔軟性やストレッチが、ボディメイク効果がないことを知りつつ、パーソナルトレーニングとは別メニューでペアストレッチで料金アップを狙う。
  • 2、ボディメイク方法を知らないから、ストレッチや柔軟性でパーソナルトレーニングをごまかしている。ストレッチして関節の可動域が広がればトレーニング効果が高まると勘違いしている。
  • 3、ボディメイクのパーソナルトレーナーにもかかわらず、自分自身が引き締まった体型を保てないから、ストレッチの専門家の顔も作ることにより、論点をずらしている。

 

伸ばすだけのストレッチは、その場では柔軟性は増しますが、時間が経つと、ストレッチなど何もしないよりも、逆に身体は硬くなります。そのリスクを軽減するには、「伸ばした分、均等に縮める」、「拮抗する方向も均等ストレッチする」ことが必要です。ストレッチのボディメイク効果についてはこちらも必ず読んで正しいボディメイク知識をご確認ください。▶︎ボディメイクとストレッチ ペアストレッチをするパーソナルトレーナーに、ストレッチがメニューに入っている意図を問い、合わせてその科学的根拠が分かっているかどうかを、パーソナルジム入会前のカウンセリングで、聞いて見ることも、賢いパーソナルトレーナー選びとなるでしょう。

 

 

マッサージを組み合わるパーソナルトレーニング

 

パーソナルトレーニングに、マッサージを施すことをするパーソナルトレーナーが存在します。

トレーニング前の筋肉が弛緩しすぎで筋肉の本来の力を発揮できないことが分かっています。トレーニング後のマッサージは筋肉断裂することがあります。

痩せるため、ボディメイクのため、筋肉をつけるという目的が少しでもあるのなら、パーソナルトレーニング前後の念入りマッサージは、その意図と科学的根拠を聞いて見ることも、賢いパーソナルトレーナー選びとなるでしょう。

 

 

パーソナルトレーナー資格

 

パーソナルトレーナー資格

 

女性がパーソナルトレーナー資格を持った人にボディメイクパーソナルトレーニングを依頼したが、思うようには痩せなく結果が出なかった・・、全米資格パーソナルトレーナーにパーソナルトレーニングを依頼したがネットのダイエット記事に載っている程度のことだけでがっかりした・・、パーソナルトレーニング経験者の女性に、こんな声が多く聞かれます。パーソナルトレーナーの資格試験では、解剖学、運動生理学など、一通り学びますが、それが実戦ですぐ使える領域は、資格試験の内容にはほぼ存在しません。つまり、資格取得パーソナルトレーナーだからと言って、ボディメイク結果が出るというのは成り立たないと言えるのが、パーソナルトレーナー資格の現状なのです。医師試験合格後に研修医として何年間はほぼ強制的に病院勤務の医者と違い、パーソナルトレーナーの場合は、たとえ公的資格を取得しても、それで終わりにできてしまうのです。

「全米●●資格パーソナルトレーナー」「●●国際資格ライセンス習得」など、パーソナルトレーナー資格にまどわされないようにすることが必要です。

 

 

予約の取れないパーソナルトレーナー 

 

予約の取れないパーソナルトレーナー

 

「なかなか予約の取れないパーソナルトレーナー」「日本一予約の取りにくいパーソナルトレーナー」というと、気になりますね?女性は特に、予約が取れないと言われると心が動きます。あえて、「予約が取れない」を演出するパーソナルトレーナーの営業テクニックが存在します。営業集客セミナーや営業コンサルタントは、パーソナルトレーナーに限らず、色々な分野で、この「予約が取れない」演出営業テクニックのアドバイスしているようです。もちろん、腕がよくて人気があって、本当に予約が取れないことはあります。

ただ、そもそも、予約が取れないが本当であり事実なら、「予約が取れないパーソナルトレーナー」と、外に向けて公表したり、肩書きに使ったりする必要ありますか?

パーソナルトレーナー選びを冷静に判断していただきたいと思います。

 

 

パーソナルトレーナー自身はボディメイクされている体型か?

 

パーソナルトレーナー自身はボディメイクされている体型か

 

パーソナルトレーナー自身は、ボディメイクされている体型でしょうか?この判断はシンプルで、70%以上の確率で正しい判断になります。ダイエットやボディメイクが売りのそのパーソナルトレーナー自身が体脂肪の多い状態だったり、「女性のためのボディメイク」をうたっていて、そのパーソナルトレーナー自身が下半身太りだったり姿勢改善されていなかったりしていたらどう思いますか?パーソナルトレーナーが自分の身体も管理できていない場合、他人のあなたの身体を管理してダイエット・ボディメイクの結果を出すことができると思いますか?ただ痩せているだけで姿勢や脚の形がよくなかったりしたらどうでしょうか。ピアノ習いに行って、そのピアノの先生が上手にピアノが弾けないようなものではないでしょうか?

 

 

パーソナルトレーナーの「ボディメイクできる」をどう判断?

 

パーソナルトレーナーのボディメイク

 

ボディメイクという言葉をどう判断するかは、女性のパーソナルトレーナー選びには非常に重要です。特に女性は、ボディメイクを、そのパーソナルトレーナーがどう考えているのかを、そのパーソナルトレーナーの説明やサイトやインスタの文言だけでなく、しっかり感覚でも確認しトレーナー選びの材料として判断すべきです。例えば、あなたが、一般的な女性らしい体型が理想の場合、「女性のボディメイクが専門」という、イカツイ筋肉のボディビルコンテスト系のパーソナルトレーナーが出てきたらどうでしょう?おそらく、そのパーソナルトレーナーの考えるボディメイクは、女性向けにしろ、コンテストに出るような腹筋女子を作ることがボディメイクでしょう。そうでなくても、好みがそれである限り、どうしてもパーソナルトレーニングは、トレーニング内容があなたの身体やペースにあっている合っていない関係なしにハードなスポ根系になっていくのは目に見えていませんか?口では、そうは言わないと思いますが、、。例えば、ヘアカットする場合、美容師が奇抜な髪型だと、抑えても、やはり奇抜なデザインになりますよね?こういう点、理屈でなく、感覚と感性での判断が大事になってきます。

→ ボディメイクとは

 

 

資格を強調したパーソナルトレーナーの判断

 

資格を強調したパーソナルトレーナー


当然ながら、「知っていること」と「教えられること」とは別です。パーソナルトレーナー資格専門学校やスポーツ大学や大学院出身でいくら知識があっても、それをきちんとあたなにパーソナルトレーニング指導できるか伝えられることができるかは別の技術です。一方、つらいときも心の支えになってくれるか、親身になってくれるかは人間性の問題です。さらに結果まで出すとなると、「知っていること」と「教えれること」以上に深い現場ノウハウと長年の実績が必要になってきます。ご存知のように、そのため社団法人は不正温存の代名詞といわれるまでになってきています。株式会社であれば、株主やマーケットからチェックを受けるが、社団法人は外部からのチェックが効かず、情報公開も不十分という問題もあるようですし、社団法人だと普通の株式会社や有限会社より、お客さんが安心してくれる風潮も背景にあるようです。安易に社団法人の代表という肩書をうのみにし、パーソナルトレーナーやボディメイクトレーナーを選んでいるケースも増えているようです。

 


独立の肩書きのパーソナルトレーナーの判断

 

独立したパーソナルトレーナー

 

1~2年スポーツジムやダイエットジムで働いただけで、すぐ辞め、パーソナルトレーナーと名乗っていたりしたり、有名パーソナルジムで退職になったにも関わらず、「大手パーソナルトレーニングジムで多くのボディメイク指導をし独立」と称してしる、独立系パーソナルトレーナーも多くなっています。結局、中身が伴わないのを隠すために前職のパーソナルジムを匂わす作戦とも言えませんか?

 

前職のジムに馴染めなくて逃げる形でのパーソナルトレーナーの場合、再就職ができないから「独立」という世間的に一番格好がつく「独立」という言葉を全面に出していたりする場合もあるようです。石の上にも3年という言葉は、パーソナルトレーナーという仕事に当てはまりませんか?

 

 

独立系パーソナルトレーナーのクライアント数

 

パーソナルトレーナーの独立

 

独立系パーソナルトレーナーのお客さんの数、契約クライアント数は、トレーナー選びの一つの判断になるかもしれません。

独立スタートしたばかりなのに、クライアントが結構いる場合、お客ごと連れて、前職場のパーソナルトレーニングジムを辞めていることが考えられます。美容室、エステ、ネイルなど、パーソナルトレーニングのように一対一で関わる業種はもちろん、他の職種でも、一般的に、退職して独立する際に、そのクライアントや取引先を、無断で連れていき、自分のものにすることはタブーではないでしょうか?こういうタブーを平気でするパーソナルトレーナーに関わると、女性の場合は特に、何かトラブルに巻き込まれる可能性は少なくないのではないでしょうか?

ひどいケースでは、見学カウンセリング行った際、今度、私は独立してこちらでパーソナルやりますから、金額半額にしますからきてくださいという悪魔のオファーをするパーソナルトレーナーさえ、実際存在します。そういう社会常識に欠けているパーソナルトレーナーに、あなたの大事な時間と身体を預けることできますか? 

 

 

ボディメイクコンテスト出場のパーソナルトレーナー

 

ボディメイクコンテスト出場のパーソナルトレーナー

 

コンテストや大会に出場のために努力することは素晴らしいことです。エステや整体のような受身だけでの身体ケアではボディメイクできませんし、これは生理学的な事実です。ボディメイクするには、運動なりトレーニングなりの能動的な動作は不可欠です。その点で、ボディビル大会、ボディメイクコンテスト出場のパーソナルトレーナーは、正論を自らの行動で示しているわけです。しかしながら、コンテストに向けては、かなりストイックにならなければなりません。事実、ボディメイクコンテスト出場パーソナルトレーナーは、コンテスト前になると、なんか食事制限やトレーニングがハードになるというパーソナルトレーニングを受講する女性の悲鳴のような声や意見は多く見受けられます。ボディメイクに、ハードでストイックで体育会系を求める女性には、こういうパーソナルトレーナーはぴったりなのかもしれません。一方、一般女性が、女性らしい体型になるボディメイクためには、あまりにも精神的に追い詰められ、ボディメイクを途中で投げ出してしまう可能性が大きくなります。

そもそも、女性の求める女性らしい体型になるボディメイクとは、身体の化学反応でしかないわけですから、ハードなストイックな感覚、根性などの精神性とかはあまり関係ありません。

 

 

インスタSNSで自己アピールのパーソナルトレーナー

 

アイドル系パーソナルトレーナー

 

インスタSNSで自己アピール、自己披露の多いパーソナルトレーナーのことを、パーソナルトレーナー業界では「見て見て系パーソナルトレーナー」とか「アイドル系パーソナルトレーナー」と言います。筋肉女子、腹筋女子などのパーソナルトレーナー、披露できるくらい身体をボディメイクなりダイエットなりしたということはすごいことだと思います。しかしながら、ボディメイクのためにパーソナルトレーニングする、あなたが主役ではないのでしょうか?その自分を見て見て系パーソナルトレーナー、アイドル系パーソナルトレーナーは、主役が自分なです。あなたのために、トレーニングメニューを考えたり、食事指導をしたりと、裏方に徹する人がいるからこそ、主役が輝けるのものでないでしょうか?パーソナルトレーナーが主役ですか?あなたがお金を払っているのに、あなたが主役にならず、その見て見て系アイドル系パーソナルトレーナーの裏方にあなたが徹するべきなのでしょうか?元々痩せ体質で体型がすぐ変わる女性ならいいでしょう。元々痩せづらく太りやすい体質の女性はそれでいいのでしょうか?それで、あなたは本当にボディメイクできるのでしょうか?

 

 

パーソナルトレーナー普及の影響

 

パーソナルトレーナーはどう選ぶの?ボディメイクのプロ・シェイプスがおしえるパーソナルトレーナー選び|


ほんの15年くらい前まで、日本ではパーソナルトレーナーと一緒にボディメイクやダイエットすることは、あまり一般的ではなく、パーソナルトレーナーは、セレブ女性、芸能人、モデルのため、または、スポーツ選手のためでした。近年、パーソナルトレーナーと一緒にパーソナルトレーニングでボディメイクやダイエットすることが、広く知られるようになってきました。しかし、パーソナルトレーナーやボディメイクという言葉の普及に便乗して、「ダイエット専門パーソナルトレーナー」「ボディメイク専門パーソナルトレーナー」「モデル指導」「女優やタレント」「モデルに人気」「ボディメイク専門」「女性専用」「モデル事務所ご用達」などという肩書きさえつけ、いかにも専門的で信用できるパーソナルトレーナーのように感じさせる演出をしていることも多くなってきました。パーソナルトレーナー選びで失敗したくないなら、演出的な言葉の印象だけでなく、トレーニングの内容や確立されたメソッドなども、チェックすることが重要なはずです。

 

 

ネットのパーソナルトレーニングジム情報

 

ネットをひらけば、パーソナルトレーニングジム評判やパーソナルトレーナー紹介の比較サイトやランキングサイトやブログ記事がいっぱい出てきます。それらを見て、調べれば調べるほど、どこが良いのか迷いますね。

 

事実、これらの記事のほとんどが紹介することによって、その記事を執筆した人に報酬が入る仕組みになっています。それらの紹介サイトも個人レベルから紹介報酬専門の会社までありますが、パーソナルトレーニング紹介の専門会社になると、その会社の会社概要の記載があるので、その提携会社一覧を見てみると良いでしょう。その提携会社一覧にある提携パーソナルジムは、その紹介サイトの会社に報酬を支払っているのです。つまり、紹介記事を書く会社は、その提携パーソナルジムに優先的にお客を誘導し報酬を得るために、その提携パーソナルトレーニングジムは素晴らしいからこのジムへ行きなさいという記事を書かなければならない立場にあります。それを捏造してまで書いてあるネット記事も多々あるようです。

 

また、比較紹介サイトの上位に並んでいるパーソナルトレーニングも、そういう目線でみるようにしないと、パーソナルトレーナー選びは失敗する可能性が非常に高くなるでしょう。

 

「元●●ジムのパーソナルトレーナーが教えるジム情報」「独自のアンケート結果からのパーソナルトレーニングジムランキング」「パーソナルジムの口コミ評判を集めました」、そもそも、その記事がだれが書いているのか、その人は信用できる人なのか、本当に実在している人物なのか、をしっかり確認してから情報を吟味すべきではないでしょうか?実在していなくても、あたかも実在していて信用できるような人物を作り上げることは、報酬のために記事を書くライターさんは、その道のプロなので可能です。あなたの大切な身体をパーソナルトレーナーに預けるのです。出どころがはっきりしないネット情報だけを頼りにするのは、どうなのでしょうか?

 

 

 

 

 

(最終更新日 )

 

 

 

女性専用パーソナルトレーニングジム

ShapesGirl

 

体型は、正しいボディメイク方法であれば、3週間〜でも変えられます!ファッション体型になれるパーソナルトレーニングは、女性専用パーソナルトレーニングジムShapesGirl。

パーソナルトレーニングの流れ

 

メディア取材多数で安心

テレビ番組やメディア実績とシェイプスガール評判

メディア掲載多数、ボディメイク監修、ダイエット監修、取材、雑誌、テレビ、映画、ラジオなど多数、信頼のボディメイクメソッドの女性専用パーソナルボディメイクジム・・


 

パーソナルトレーニング料金

パーソナルトレーニング料金

ShapesGirlのパーソナルトレーニング料金、モデルダイエットコース料金、ヘルシーボディメイクコース料金、短期集中ミラクルシェイプコース料金のと詳細のご案内・・


 

 

パーソナルトレーナーに相談する

 

ShapesGirl各店舗ジム見学と女性パーソナルトレーナーとの直接お会いさせていただいてのボディメイク相談は個別予約制です。ご予約は下記メールフォームよりご連絡いただけるとスムーズです。

シェイプスガールShapesGirlのジム見学とボディメイク相談


↑ PAGE TOP